あなたは古いInternet Explorerをご利用中であり、大変危険な脆弱性が確認されています。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するために、
ブラウザの無料バージョンアップを強くお勧めします。

最も人気の高いブラウザ、Google Chromeのダウンロードはこちら(外部サイト)

最新版のInternet Explorerのダウンロードはこちら(外部サイト)

【交換周期別】 コンタクトレンズ徹底比較

使い捨てコンタクトレンズの種類は大まかに交換周期の違いにより分類できます。
この周期の違いによって、レンズケアの有無や製品のラインナップ数、価格帯などが変わります。

皆さんはどのような視点でコンタクトを選んでいますか?

いつもはメガネをかけていてスポーツの時だけコンタクトを使う、
毎日使うけどコンタクトになるべくコストをかけたくないetc.

人それぞれの生活習慣や性格、嗜好によって最適な交換周期が異なります。
初めて装用される方はそれぞれのメリット・デメリットを見極めたうえで選ぶことをおススメいたします。

こちらのページでは当店がネット通販している「1日使い捨てコンタクト」「2週間使い捨てコンタクト」「1ヶ月使い捨てコンタクト」をさまざな視点で比較をしながらご紹介していきます。

初めて使い捨てコンタクトレンズを使用する方はもちろんのこと、すでに使用されている方もレンズ選びの参考にしてみてください。

利用者数比較

「どの周期のコンタクトレンズをどのくらいの人が利用しているのか」 知らない方も多いのではないでしょうか?

右図は当社が行ったお客さまアンケートを元に作成した交換周期タイプ別の利用者数の割合を比較したグラフになります。

ご覧のとおり1日使い捨てタイプをお使いの方が7割を占めており、次いで2週間使い捨てタイプ、1ヶ月使い捨てタイプという結果となりました。

利用者数比較円グラフ

交換周期別比較

1DAY1日使い捨てコンタクト

年間コスト
52,049円※当店取り扱いの1DAYコンタクトレンズの平均販売価格から算出(2018/6/1現在の販売価格)
メリット
・毎日レンズケアをする必要がない、1日使い捨てなのでレンズが清潔に保てる
・国内外問わず多くのメーカーから販売しており、製品数が豊富
デメリット
・他の交換周期のコンタクトに比べてコストが掛かる

1DAYコンタクトの一覧はコチラ

2WEEK2週間使い捨てコンタクト

年間コスト
28,570円※当店取り扱いのコンタクトレンズと360mlの洗浄液(保存液一体型)を12本購入した場合の
平均販売価格から算出(2018/6/1現在の販売価格)
メリット
・1日使い捨てコンタクトに比べてコストが掛からない
デメリット
・他の交換周期のコンタクトに比べてコストが掛かる

2WEEKコンタクトの一覧はコチラ

1MONTH1ヶ月使い捨てコンタクト

年間コスト
28,720円※当店取り扱いのコンタクトレンズと360mlの洗浄液(保存液一体型)を12本購入した場合の
平均販売価格から算出(2018/6/1現在の販売価格)
メリット
・1日使い捨てコンタクトに比べてコストが掛からない
デメリット
・毎日レンズケアをする必要がある
・販売されている製品数が少ない

1MONTHコンタクトの一覧はコチラ

TOPへ戻る